サードアイチャクラとスロートチャクラの関係

サードアイチャクラは眉の間にありますが、これは松果体ともつながっていて、サイキックやヒーリングのパワーの源でもあります。つまり、宇宙やガイドからの情報をキャッチするのはこのチャクラなので、スピリチュアル的な電波の受信アンテナの役割をします。そういった意味ではスピリチュアルの世界に生きるならば、絶対的に感度を良くしておかないといけない部位でもあります。

 

しかし、ここにちょっとしたテーマが存在します。それは、何のために我々はスピリチュアルな能力を使ってヒーリングやリーディングをするかという前提です。人間は誰しも生まれながらにスピリチュアルな能力は持っています。ところが社会が高度に発展してくると、効率を追求することばかりが優先されるようになり、自然に触れることもなくなり直感を使う機会も減ってきました。それゆえに、自分の鈍った直感力を理論で補正するようになってきました。その結果、誰しもが決断をすることから逃げるようになり、そのことが不安や怒りとなって日々の豊かな暮らしを壊してしまいました。

 

ヒーラーやサイキッカーの使命は、そのような人たちに忘れ去られた直感を取り戻させ、今は聞こえなくなったガイドの声を伝えることにあります。そのために声が十分に出なければなりません。このことはただしゃべるということではなく、サードアイがキャッチしたあらゆる情報をクライアントのための言葉に変え、彼らの人生に貢献することを意味しています。ということは、サードアイチャクラと喉のところにあるスロートチャクラが常に連携していなければならないことになります。

 

今世界中の人がしゃべりたいことを我慢して喉を傷めて咽頭ガンになるケース多いようですが、これはヒーラーやサイキッカーにも言えることで、言いたいことを言えてないと、エネルギーの循環が悪くなってきて最終的には自分の肉体を傷めることになります。ですから、喉は非常に重要だということになりますから日ごろからのケアー必要です。そして、ヒーラーもサイキッカーも人の目に見える行為としてはしゃべって伝えるというところが一番重要だということになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です