ダイブとエネルギーワーク

少しヒーリングの世界からは離れるのですが、スピリチュアルの世界において知っておいた方が良いタイプが二つあるます。

 

一つはダイブと呼ばれるものであって、これはクライアントのマスターガイドの許可を受けてその体の中に飛び込む手法である。もちろん、体そのものが飛び込むわけではなく、自分の魂がクラインとの魂の構成領域に飛び込むということであるが、これにはクライアントの魂のエネルギーにのまれてしまって脱出できなくなり、大きく精神を傷めるケースもある。

 

もう一つはエネルギーワークと呼ばれるもので、自分のスピリチュアルなエネルギーを使って、クライアントの魂の領域にある様々な情報をとってくる手法で、ダイブのように自分が脱出してきたり、わざわざ自分の魂がクライアントの魂レベルまで登っていくことがないので、安全で安心でポジティブな方法だと思われます。

 

この両者を比較すると、何が利点で何が不便なのかということがスピリチュアル的に見えてきます。まずはダイブですが、これは自分が動いて直接相手の中に入っていくので、正確で素早く情報が取れるところがありますが、その反面うまく脱出しないと自分の精神を傷つけることになるので、脱出のタイミングを十分に見計らわないといけないという難しさがあります。それに対して、エネルギーワークは完全にエネルギーだけをクライアントに送ってサイキック情報をとってくるだけなので、狭い場所に水を流し込み汚れを洗い流すがごとく、大量のサイキック情報を確保し整理することができますが、根本的にエネルギーのコントロールが難しいところがあります。

 

もちろん、私が推奨するのはエネルギーワークの方ですが、世の中には両方できる日もいれば、あえて片方しかやらない人もいます。また、この二つの手法以外にもやり方は沢山あるでょうが、私は一番安全で安心して使えていつもポジティブでいられるのはエネルギーワークだと思っています。もちろんどちらどう習得しようとも、皆さんの自由ですから、好みのものを身につけてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です