意志=意思=石

ヒーラーの能力もサイキッカー能力も、全て自分の想い次第で開発ができます。ここで言う想いとは、自分がどのようなことができるようになりたいのか、あるいはどのような人間になって自分の生き様を人に見せたいのかといった強いイメージです。

 

これは、私がヒーリングしていていつも思う事なんですが、十分にイメージを持っているクライアントはあらゆるビジョンを見ます。例えば宇宙に飛び出して火星までいってくださいと言うと本当に行って帰って来たり、前世の古い友人に会ってきてくださいと言うと本当に当時の記憶を思い出してそしてその友人が現世の親友だったりするなんてことはしょっちゅうです。

 

このようなエネルギーを発動するのは全て自分のイメージが起点となっていて、そのイメージ化を助けるのがパワーストーンの力となります。ですから私は、「意志=意思=石」なんですよとクライアントに説明することが多々あります。

 

難しく考えることはないのです。スピリチュアルの世界のものを見たり聞いたりすることができなくても、オーラやガイドの存在、そしてパワーストーンなどの自然界に存在するエネルギーを信じて、それが人間にどのように機能するのかを知ってさえいれば、誰でもヒーリングやリーディングができるようになるのです。

 

いつも思うことがあるんでが、それは、国は決まったことしかしない、人は自分の都合のいいことしか言わない、なので国も人も変わらないから、自分が変わらないといけない。だから、私には自然のエネルギーがいつも必要、だから自然の海の音、川の音、風の音なんかをいつも必要としているのです。

 

過酷な社会的なプレッシャーはストレスとなり、自分でも気が付かない間に肉体的にも精神的にもダメージを受けています。ヒーラーはこういった状態のクライアントをスピリチュアルな側面から癒すのですから、自分自身がナチュラルでいなければなりません。パワーストーンは自然界からのギフトの一つにすぎません。大事なことは自分の出したいイメージを具現化するためには自然界のエネルギーが必要だということを知っていることです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です