浄化の必要性とガイドとの交信

我々の体の周りにはオーリックフィールドと呼ばれるオーラのバリアーが存在しています。このオーリックフィールドをクリーンな状態にしておくと、ネガティブな感情が移ったりしないので常にクリーンな状態にすることが求められます。そしてそれがゆえに、オーリックフィールドが汚れていると、自分のガイドたちの交信が良好にいきません。

 

基本的にサイキックリーディング等を行う時にはオーリックフィールドの浄化が必要になるのですが、まれにそのような必要がない人もいます。私の知り合いにフィリッピン出身の女性がいますが、彼女は生まれつきの強烈なサイキック能力を持っていて、精霊までも使いこなし物を動かすという特技を持っています。一度彼女に質問したことがあるのですが、あなたはその能力をビジネスに使うつもりはないのですかと、彼女は「depend on」と答えました。

 

この意味何なんだろうと少し考えさせられましたが、一般的には「頼る・依存する」といった解釈になるのでしょうが、私には「彼ら次第・彼らの意思による」と捉えることができました。なぜならば、彼女たちは自分の能力をお金のために使うと、その能力そのものがなくなると信じているからです。私のように凡人でありながら小さなサイキック能力を最大限に使おうと考えた場合には、サイキックエネルギーの効率良い伝達が必要です。なので、浄化を心がけ、どのガイドが何をいっているのかを正確に把握するように努めるのです。

 

マスターガイドは私たちが生まれたときからついていてくれて、一生変わることはないのですが、ヘルプガイドは結構頻繁に入れ替わります。例えば、自分のことをよくかわいがってくれたおばあちゃんが死んでしまったが、半年ぐらいで自分のヘルプガイドになっているという話があります。通常は、4年~8年くらいかかってガイドになるともいわれているのですが、元々生きているときから霊感が強かった方などは早くガイドになる傾向があるようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です